出会い系婚活で連絡のやり取りを始めた時に気をつける事

最初のやり取りの際には敬語を使う

これは、人にもよるものですが、出会い系の婚活においてのやりとりにおいて、「礼儀正しさ」を求めている方は意外にも多いものです。

 

もちろん、ある程度仲が良くなった場合には、「タメ語」などを使うことは、とても親しみを感じられるものなので良いことなのですが、例えばあまりにも年齢が離れている場合に、自分が年下であるにも関わらず、敬語を使わずに、突然にタメ語や相手の方を呼び捨てにしてしまう行為は、相手の方にとても失礼なやり取りとなってしまうため、注意が必要です。

 

また、出会い系での婚活だからと言って、相手の顔が見えないからと言って、例えばブログやツイッターでこんな人がいた!というような報告などを書くことはご法度です。

 

このようなものは、相手の目に触れてしまうことがあるだけでなく、他の方からも失礼な人だ、と感じられるものであるからです。

ギャル言葉などはやめておこう

ある程度の年齢同士であり、やり取りの瞬間などから、とてもシンパシーが合い、とても波長などが合い、お互いがギャル系の男性と女性の場合には、このようなことは気にならないものですが、例えばとても真面目そうに見える清楚風の女性が突然、ギャル語でやり取りを始めてしまった場合には、男性はとても驚くことが多いものです。

 

もちろん、それが良い意味でギャップになることもありますが、突然に「ギャル語」や「よく分からない顔文字、絵文字」このようなものを婚活において使用されると、とても相手の方は困惑してしまいます。

 

特に、男性の場合には、このようなギャル語がまったく理解できずに嫌いである、という人も出会い系婚活においても、日常においても少なくないので、やり取りの際には、最低限のマナーを守りましょう。

難しすぎる言葉はやめておくべき

そして、これはまったく逆のことになるのですが、出会い系婚活において、とても難しい言葉を使われる方がおられます。もちろん、これは、頭がいい人であり学歴が高い人の場合には、嫌味がなく使ってしまうことなどもあり、天然で素敵だ、と思う人もとても多いです。

 

ただ、よく分からない外国語などを、日本人であるにも関わらず使ってしまうなど、そのような点での難しい言葉は、やり取りの際には使わない方が無難です。

 

出会い系の場合には、まだ、相手と会っていない段階でのやり取りとなるため、余計に相手のことがよく分からなくなってしまうことが圧倒的に多いためです。

 

そのため、せっかく出会い系の場で良い関係となった場合でも、あまりにも難しい、ややこしい言葉をやり取りで使ってしまうと、それだけでイメージダウンをしてしまうことがあります。